飛蚊症は治る?飛蚊症の原因と見え方(症状)をまとめてみました!

飛蚊症は治る?飛蚊症の原因と見え方(症状)をまとめてみました!
MENU

飛蚊症は治る?飛蚊症の原因と見え方(症状)をまとめてみました!


飛蚊症とは、白い壁や青空など明るいところを見つめた時に、目の前に黒い点のようなものや虫、糸くずのような浮遊物が飛んでいるように見える症状のことを指します。
この症状はほとんどの場合は問題がないと言われていますが、大きな病気の初期症状としてあらわれる場合もあるので、眼科を受診した方がよいといえます。

飛蚊症の原因は?


それでは飛蚊症の原因にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
原因として考えられることには、生理的なもの、老化現象、近視、 病気によるものなどいくつかのことが挙げられます。
60歳以上の3人に1人は飛蚊症であるといわれています。
年齢を重ねると、眼球の中にある無色透明でゼリー状の組織である硝子体が濁りを生じてきます。
この濁りによって目の中に光が入った時に影となり、黒い点や虫、糸くずのようなものが飛んでいるように見えるのです。

硝子体剥離

一番大きな原因とされているのが硝子体剥離によるものです。
この硝子体剥離は老化によって発生します。健康な人間の眼球はほぼ丸い形をしていますが、近視の人の目は楕円形となります。
硝子体が老化や近視により収縮し、網膜と離れることで、硝子体剥離となります。

似た症状の病気

飛蚊症に似た症状があらわれる病気としては、網膜剥離や網膜に穴が開く病気、眼底出血、加齢黄斑変性症 完治などの病気が挙げられます。
現れる影が透明であったり、薄かったり、小さければそれほど問題はありませんが、影が濃かったり、今までよりも数が増えたり、視野が欠ける場合には、これらの病気の可能性も考えられます。そのためできるだけ早く眼科を受診するようにしましょう。

飛蚊症はどんな見え方なの?


飛蚊症になった場合には、実際にはどのような見え方をするのでしょうか。
一般的には糸状の形状であることが多く、小さな粒や丸い輪などの場合もあります。
網膜剥離や網膜に穴が開いてしまった場合には、突然浮遊物が目の前に現れて非常に鮮明であるという特徴があります。
硝子体出血によって症状が現れた場合も突発的に起こり、まるで墨を流したような黒い影が現れます。
これらの症状は目の硝子体の異常によるものなので、視線を変えてみたり、目をこすったりしても、目の前から消えることはありません。

根本的な治療法は確立されていない

治療法としては、現在では根本的な治療方法は確立されていません。
網膜剥離などの病気によって症状があらわれている場合には、手術によって治療が行われます。
生理的な原因による物の場合には、基本的には症状を進行させないことや改善することを目標にし、食生活を見直したり、パソコンやテレビの画面をあまり見ないように気をつけることが大切になります。

このページの先頭へ